2016年10月31日 (月)

弘前・津軽三味線

Img_0087_2
 
私達のその日の宿泊地は弘前市内なので、五所川原から弘前市へ移動し、予約してあったホテルへチェックインしました。
 
早速見つけたのが弘前市のマンホールです。 
 
小さな丸い点でリンゴを描き、その中央に弘前市の市章が書かれています。
 
 
 
 
Img_0089
 
弘前は江戸時代から津軽氏の城下町として発展してきましたが、その津軽氏の家紋が「五つ割左万字」という家紋であったため、その家紋を弘前市の市章に決めました。
 
汚水桝の小さな蓋にも、その市章が書かれています。
 
 
 
 
Img_0091
 
ホテルから夕食へ出掛ける途中、何やら由緒ありげな建物を見つけました。 
 
「弘前市百石町展示館」と書かれていますが、明治16年、弘前大火の教訓から「燃えない建物を!」という趣旨で、土蔵造りの「角三呉服店」として建築された建物です。
 
 
 
 
Img_0092
 
その後、大正6年に津軽銀行が買い受け、最小限の改装を施して銀行本店として長く使われた建物だと分かりました。
 
平成13年、青森銀行から弘前市へ寄贈され、現在では市民の文化活動に利用するためにギャラリーなどとして開放されています。
 
 
 
 
Img_0093
 
そんな建物以外にも、弘前市内には趣きのある土蔵や家屋が観られました。
 
うまくアレンジされて活用されると、案外洒落た建物に見えたりします。
 
 
 
 
Img_0090  
 
Img_0095
 
私達が夕食を予約しておいた「杏」という郷土料理と津軽三味線が楽しめるお店です。
 
※  郷土料理 杏 HP   http://anzu.tsugarushamisen.jp/
 
 
 
 
Img_0098
 
Img_0099
 
私達は夕刻の18時から夕食をいただき、ほぼ夕食を食べ終えた19時から、お待ちかねの津軽三味線の演奏が開始されました。
その日、迫力ある津軽三味線を演奏してくれたのは「多田 あつし」さんです。
 
 
 
 
Img_0100
 
何と、私達が前回、弘前を訪ねたのは10年前で、このお店で丁度出演していた津軽三味線の奏者が、同じ「多田 あつし」さんでした。 
 
「杏」では、毎日演奏者が代わるようですが、偶々同じ人の演奏を10年振りで耳にすることができました。   
 
 
 
 
 
 

«太宰治記念館・斜陽館

« 2016年10月 »

           
1
Img_00021
2
Img_0001_2
3
Img_0013
4
Img_0038
5
Img_0046
6
Img_0066
7
Img_0081_2
8
Img_0097
9
Img_0001
10
Img_0030
11
Img_0055
12
Img_0051_3
13
Img_0048
14
Img_0085
15
Img_0096
16
Img_0006
17
Img_0016
18
Img_0010
19
Img_0076
20
Img_0114
21
Img_0128
22
Img_0140
23
Img_0156
24
Img_0182
25
Img_0195
26
Img_0206_2
27
Img_0001
28
Img_0019
29
Img_0048
30
Img_0074
31
Img_0087_2