« 白川吉見神社・白川水源 | トップページ | 草部吉見神社 »

2016年9月 9日 (金)

トロッコ列車 ゆうすげ号

Img_0099

 
Img_0100
 
白水水源から湧き出る清らかな水を眺めた私達が、車を停めておいた駐車場へ戻ってくると、すぐ先の信号機がチン、チン、チンと鳴り始めました。
 
信号機のある踏切の方を眺めると、小さな駅が目に止まりました。 南阿蘇鉄道の「南阿蘇白川水源駅」です。
 
 
 
 
Img_0101
 
Img_0102
 
あら!  何と駅舎に泊まった電車は「トロッコ列車・ゆうすげ号」ではありませんか!
 
駅を出発したトロッコ列車は、踏切を過ぎて、少しづつその全容を見せてくれます。
 
訪れた日は8月23日(火)なので、土日祝日しか運行しないトロッコ列車・ゆうすげ号の運行は無いものと思っていましたが、、、.
全線復旧ができず、7月31日から高森~中松間のみの区間運転なので、トロッコ列車を走らせているのかもしれません。 
 
 
 
 
Img_0103
 
Img_0104
 
見えました!  トロッコ列車・ゆうすげ号の全容です。
 
阿蘇外輪山に囲まれた南阿蘇の田んぼの中を、トロッコ列車はゆっくりと走ってゆきました。
 
普通の定期運行は、土日祝日に、高森~中松間を片道21分かけてノンビリ走ります。
 
調べてみると、大人一人往復で1380円、(子供790円)で乗車できるようです。 全線開通に向けてガンバレ! と声を掛けたくなりました。
 
 
 
 
Img_0106
 
Img_0107
 
尚、この南阿蘇鉄道には、この先に「南阿蘇水の生まれる里白水高原」という日本一長い駅名の駅があります。
 
漢字の数を数えてみると14文字、仮名で数えると22文字になります。 何だか無理矢理長い駅名にしたような感じがしないでもありませんが、、、。
 
尚、茨城県の鹿島臨海鉄道に「長者ヶ浜潮騒はまなす公園」という仮名22文字の駅があり、仮名数では、その駅と並んで日本一なのだそうですが、漢字数では12文字しかないため、「南阿蘇水の生まれる里白水高原」がやはり日本一です。
 
 
 
 
 
 
 

« 白川吉見神社・白川水源 | トップページ | 草部吉見神社 »

コメント

思いがけない出会い、ここにも有りましたね
これは足を止めずにはいられません!

→ 鉄腕マトムさん

まさか、こんな所でトロッコ列車が見られると思っていなかったので、何だか得した気分になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64145635

この記事へのトラックバック一覧です: トロッコ列車 ゆうすげ号:

« 白川吉見神社・白川水源 | トップページ | 草部吉見神社 »

2017年4月

           
1
Img_0034
2
Img_0044
3
Img_0620
4
Img_0001_2
5
6
Img_0014
7
8
Img_0032_2
9
10
Img_0046
11
12
Img_0056
13
14
Img_0067
15
16
Img_0011
17
18
Img_0001
19
20
Img_0173
21
22
Img_0009
23
24
Img_0022
25
26
27
28
29
30