« 産山温泉の宿 | トップページ | ムツゴロウのマンホール »

2016年9月13日 (火)

やまなみハイウエー

Img_0007

 
Img_0009
 
熊本県の産山温泉で九州の二晩目の夜を過ごした翌朝、私達は、快晴の「やまなみハイウエー」を走りました。
 
遠くに久住の山並みが見えるのですが、何ともどれが何山なのか見当がつきません。
 
それでも、こんな高原のドライブは爽快で、気持ちの良いものです。
 
 
 
 
Img_0012
 
Img_0013
 
やがて見えてきたのが「瀬の本高原」。
 
右下にはなだらかな高原が広がり、阿蘇の山波が霞んで見えました。
 
 
 
 
Img_0014
 
Img_0029
 
Img_0015
 
次に差し掛かった峠は「牧の戸峠」です。
 
久住連山への登山口として知られ、この峠の駐車場に車を置いて硫黄山を経由して久住山への登山する人が多いようです。
 
 
 
 
Img_0024
 
Img_0023
 
牧の戸峠から少し階段を上ると久住の山波が見渡せます。
 
星生山(ホッショウザン)、硫黄山、久住山、中岳などが見渡せました。
 
 
 
 
Img_0030
 
Img_0033
 
Img_0031
 
更に「やまなみハイウエー」を走って行くと「長者ヶ原ビジターセンター」へ到着します。
 
ここ長者ヶ原からは、ラムサール条約の登録湿地「タデ湿原」を通って「坊がツル」までの縦走路があり、多くのハイカーで賑わう場所でもあります。
 
遠くに硫黄山が見え、白い噴煙が立ち昇っているのが判ります。
 
 
 
 
Img_0036
 
Img_0037
 
Img_0038
 
私達はこんな快適な高原ハイウエーを走って、九重ICへと車を走らせました。
 
遠くに阿蘇外輪山の山々が見えます、九州はこの日も快晴が続きそうです。
 
 
 
 
 
 
 

« 産山温泉の宿 | トップページ | ムツゴロウのマンホール »

コメント

お天気も良くて、最高のドライブですね!
空の青に映える草原の緑が鮮やか~^.^/

「やまなみハイウエー」、名前は知っていましたが対面通行なんですね、カーブでも対向車、特にバイクがちょっと怖いです・・
「ガイド犬」は出会ってみたかったです。

→ 鉄腕マトムさん

「やまなみハイウエー」は、高速道路ではなく、高原道路と云う感じです。
 
阿蘇の外輪山や高原地帯を縫うように走っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64155273

この記事へのトラックバック一覧です: やまなみハイウエー:

« 産山温泉の宿 | トップページ | ムツゴロウのマンホール »

2017年5月

 
1
2
Img_0023
3
4
Img_0002
5
6
Img_0012
7
8
Img_0037
9
10
Img_0048
11
12
Img_0054
13
14
Img_0023
15
16
Img_0093
17
18
Img_0001
19
20
Img_0002
21
22
Img_0014
23
24
Img_0001
25
26
27
28
29
30
31