« 肥後街道・今市宿 | トップページ | 音無井路・円形分水 »

2016年9月 2日 (金)

白水溜池堰堤

Img_0018_2

私達は2014年9月に、一度訪れたことのある、国の重要文化財に指定されている通称「白水(ハクスイ)ダム」を訪れました。
 
竹田市を流れる大野川上流に設けられた重力式コンクリート造及び石造りの堰堤です。
 
日本の河川法では堤高が15m以上を「ダム」としているため、堤高が13.9mしかない白水溜池堰堤はダムと呼べず「堰堤」と表現するのが正しいようです。
 
 
 
 
Img_0019
 
竹田市と豊後大野市の緒方地区に流れる富士緒井路の水量不足を解消するために設けられた堰堤なのですが、大分県の土木技師であった小野安夫の設計・監督により昭和13年(1938年)に竣工した、実に綺麗な水流を作る堰堤構造のダムです。
 
特徴的なのは、堰堤の両端部は、それぞれの地形に合わせて異なる構造を採用しています。
 
まず、右岸端部は武者返しの曲面流路になっているため、とても柔らかい水の流れを造って流れ落ちてゆきます。
 
 
 
 
Img_0020
 
反対側の左岸端部は石を積み重ねた階段状の流路が設けてあり、水は細かな流れに分かれ、それぞれに白い泡を造りながら下段へと流れ落ちてゆきます。
 
真っ白な水の流れを観ていると、まるで白い雪が降っているように見えました。
 
 
 
 
Img_0021
 
竹田市のこの近辺は、阿蘇の火山台地という性格から地盤が弱く、こうした水流の工夫によって、ただ美しいだけでなく水を静かに流れ落とし、基礎部の崩壊を防ぐという目的から考案されました。
 
また、この左右非対照の水の流れは実に美しく、「日本一美しいダム」という評価をする研究者もいる程です。
 
私も、最初に訪れた時の感動が忘れ難く、こうしてもう一度訪ねましたが、この日も真っ白な水が見事に柔らかく流れ落ちていました。
 
 
 
 
 
 

« 肥後街道・今市宿 | トップページ | 音無井路・円形分水 »

コメント

美しいですね!
水の流れって、シャッタースピードを色々変えて撮影してみると面白いですよ、1/4くらい辺りだと水面が絹のようになります・・
ただし三脚が必要ですが。

→ 鉄腕マトムさん

この白水ダムの水の流れは抜群に綺麗です。 次回は、是非三脚を持参で行ってみたいと思います。

まるで真っ白な大きい布のようです。

→ スーちゃん

水の流れって、とても綺麗なものですネ~!

いつまでも眺めていたい程でした。

また会えました!
素晴らしい水の布ですね^.^/
マイナスイオンがあふれていそうです。

→ キハ58さん

そうそう、おっしゃる通り、真っ白なカーテンの裾が綺麗でした。

水のカーテンそのものの美しさです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64126758

この記事へのトラックバック一覧です: 白水溜池堰堤:

« 肥後街道・今市宿 | トップページ | 音無井路・円形分水 »

2017年5月

 
1
2
Img_0023
3
4
Img_0002
5
6
Img_0012
7
8
Img_0037
9
10
Img_0048
11
12
Img_0054
13
14
Img_0023
15
16
Img_0093
17
18
Img_0001
19
20
Img_0002
21
22
Img_0014
23
24
Img_0001
25
26
27
28
29
30
31