« ホーク・ファミリーのマンホール蓋 | トップページ | 北九州市のマンホール・カード »

2016年9月20日 (火)

北九州市の元五市

Img_0019

私達は、北九州市小倉北区にある「日明浄化センター」を訪ねました。 
 
訪問の目的はマンホール・カードを戴くことなのですが、この小倉、広島、東京(三河島)の三ヶ所だけは ①事前に見学予約をして、 ②その時刻までに現地に出向いて、 ③浄化センターを見学すること がマンホール・カード受領の条件なのです。
 
私達のように、遠方からその受領を目指すマニアにとって、三つの条件は、とてもハードルが高く、まるで嫌がらせをされているような気になりました。
 
また、学校の社会見学などで浄化センターを見学した人には、欲しくもない人にマンホール・カードを配布することになってしまいませんか?        
 
 
 
 
Img_0020
 
遠方からの配布希望者には、条件の緩和を問い合わせしたのですが、、、「ご理解を!」というお役人の回答でした。
 
そんなことから、私達は一時間程かけて小学生が見るような「水浄化のしくみ」の映画を見せられ、北九州市の浄化の現状などの説明を受けました。
 
また、その翌日に広島市内の浄化センターの見学を予約しようとしたのですが、夏休みのためか「満員」で、その予約すらできませんでした。 
 
 
 
 
Img_0021
 
Img_0022
 
小一時間程の浄化センター見学行程の中で、唯一の収穫は、北九州市として合併する以前の、五つの市のマンホール蓋が展示してあったことです。
 
案内される方の許可を得て、五つの市のマンホール蓋の写真を撮ってきました。
 
 
 
 
Img_0023
 
Img_0024
 
こうして並べてみても、それ程特徴のあるデザインは無く、既製品のデザインの中央部にそれぞれの「市章」を差し込んであるものばかりです。
 
 
 
 
Img_0025
 
門司、小倉、戸畑、八幡、若松と、五つの市が合併して誕生した北九州市は合併直後だけは100万人を超す政令指定都市でしたが、徐々に人口減少が続き、現在では96万人程度の人口に減ってしまいました。
 
「重厚長大」から「軽薄短小」への産業構造の変換が北九州市の勢いを鈍らせてしまった結果かもしれませんが、現在では「子育て環境日本一」を目指して次々に政策を実行しているようです。
 
 
 
 
 
 
 

« ホーク・ファミリーのマンホール蓋 | トップページ | 北九州市のマンホール・カード »

コメント

予約が必要だなんて・・・
そんなに人気なのでしょうか???
大きな自治体になると「お役人」が横柄になる傾向があるのですかね
東京都の豊洲問題を見ても・・

→ 鉄腕マトムさん

一旦偉い人が決めたことを、係の担当者が変更することは難しいらしく、変更していただくことはできませんでした。  大変、大袈裟なルールを決めたものです。

日明浄化センターって、先進的な水浄化をしているんですよね!
日本の技術、ほんと素晴らしいです^.^/

→ キハ58さん

私達は、久しぶりで小学生に戻ったような時間を過ごしてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64174058

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州市の元五市:

« ホーク・ファミリーのマンホール蓋 | トップページ | 北九州市のマンホール・カード »

2017年5月

 
1
2
Img_0023
3
4
Img_0002
5
6
Img_0012
7
8
Img_0037
9
10
Img_0048
11
12
Img_0054
13
14
Img_0023
15
16
Img_0093
17
18
Img_0001
19
20
Img_0002
21
22
Img_0014
23
24
Img_0001
25
26
27
28
29
30
31