« シチメンソウ自生地 | トップページ | 福岡市のマンホール・カード(1) »

2016年9月16日 (金)

佐賀城址公園

Img_0056

 
Img_0057
 
広々とした有明海を眺めた私達は佐賀市内の中心部まで戻り、佐賀城址公園へ立ち寄りました。
 
写真の堂々とした門は、江戸時代の天保9年に建築されたと伝えられる、佐賀城の「鯱の門」と「続櫓」です。
 
 
 
Img_0058
 
Img_0068
 
佐賀城は、天正年間に龍造寺氏の居城として造られたものを、慶長13年(1608年)より鍋島氏によって大規模な普請が開始され、慶長16年(1611年)に佐賀城として完成し、鍋島勝茂が本丸に入りました。
 
「鯱の門」の大きな門を潜ると、左手には、当時を偲ばせる石垣がそのままの形で残されています。
 
 
 
 
Img_0060
 
「鯱の門」を城の内側から眺めると、こんな具合に見えます。
 
大きな屋根の左右に鯱が飾られているのが良く見えました。
 
 
 
 
Img_0061
 
その「鯱の門」のすぐ左奥に見えてきたのが、平成16年に復元された「本丸御殿」です。
 
この本丸御殿のあった場所は、明治16年に佐賀中学校が建てられ、明治40年に佐賀商業学校が設けられ、以後も永く学校の敷地として利用されてきました。
 
 
 
 
Img_0062
 
現在では、当時の資料に基づき忠実に本丸御殿が復元され、「佐賀城本丸歴史資料館」として一般に公開されています。
 
※  佐賀城本丸歴史資料館  HP  http://saga-museum.jp/sagajou/        
 
 
 
 
Img_0065
 
Img_0066
 
明治維新の際は、上野彰義隊の討伐にその威力を発揮した佐賀・鍋島藩のアームストロング砲が歴史資料館の入口に展示されていました。
 
上の写真は9ポンド砲ですが、上野の彰義隊討伐にあたって使用されたのは、一回り小さな6ポンド砲だと考えられています。
 
 
 
 
Img_0067
 
訪れた8月23日、佐賀市の気温は36度もあり、汗をビッショリかきながらの佐賀城址公園散策でした。
 
 
 
 
 
 
 

« シチメンソウ自生地 | トップページ | 福岡市のマンホール・カード(1) »

コメント

立派なお城があったのですね!
佐賀というと、北の唐津、南の鍋島ばかりに目が行っちゃいます^.^::

城跡とはいえ「鯱の門」と「続櫓」が残っているのでしょうか
立派ですね!
「城」と「大砲」
なんか似つかわしくない感じもしますが歴史の積み重ねですね。

→ キハ58さん

廃城になってから、長い間 学校の敷地として使われてきました。 地味なお城です。

→ 鉄腕マトムさん

御屋敷を再建しただけで、それ以外は門しか残っていないお城です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64165431

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀城址公園:

« シチメンソウ自生地 | トップページ | 福岡市のマンホール・カード(1) »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31