« 音無井路・円形分水 | トップページ | 高森湧水トンネル公園 »

2016年9月 4日 (日)

阿蘇連山を高森町から

Img_0031

私達の車は、大分県の竹田市から県道135号線を南西へ向かい、途中で国道265号線へ入りました。
 
いくつかのカーブを曲がった先で、車の右側に見えてきた特徴的な山が阿蘇五岳の一つの阿蘇・根子岳です。
 
 
 
 
Img_0032   
 
その根子岳のすぐ左側(西側)に続いて見えている山並みが阿蘇五岳の残りの峰々です。
 
右側の高い峰が阿蘇・高岳、そして左側遠くに見えるのが阿蘇・中岳だと思われます。
 
 
 
 
Img_0024
 
Img_0025
 
偶々、国道265線沿いで見つけたのは「阿蘇丸漬本舗・徳丸漬物」が営む「とくまる食堂」。
 
私達は昼時だったので、美味しいご飯と、漬物と、だご汁とをいただきました。 旅が何日か続くときは、こういう軽い昼食でお腹を休めてやると、胃に良いようです。       
 
 
 
 
Img_0023
 
とくまる漬物の駐車場脇には、ハナウドが白い花を咲かせていました。
 
※  徳丸漬物店 HP  http://asomaruzuke.com/index.html
 
 
 
 
Img_0033
 
Img_0035
 
昼食を済ませ、元気を取り戻した私達は、その先の国道沿いで「クマモン」を発見!
 
その国道から少し左に入り込んだ広い駐車場は「国民休暇村・南阿蘇」。
 
今回は素通りしてしまう休暇村ですが、こんな絶景を通り過ぎるには、勿体無いとばかり車を停めて、カメラから絶景をパチリ! 
 
 
 
 
Img_0034
 
阿蘇五岳を南東側の高森町から眺めると、こんなに見えます。
 
右端の阿蘇・根子岳の山頂付近はゴツゴツとして特徴的ですが、続く阿蘇の峰々も明るい日差しの中、クッキリと眺めることができました。
 
私達は、雄大で見事なパノラマに、暫し見惚れてしまいました。
 
 
 
 
 
 
 

« 音無井路・円形分水 | トップページ | 高森湧水トンネル公園 »

コメント

震災後の訪問でしょうか?
私は「南阿蘇村」にふるさと納税をさせていただきました
もちろん、「お礼」なしの・・
お漬物屋さんのお食事、お漬物だけでおかずいらずと言う感じですね!

→ 鉄腕マトムさん

今回の旅は、4月に発生した地震の復興を願う「九州復興割宿泊券」を使う旅です。

地震の影はほとんどありませんでした。
 

高森側は行ったことがありません。
あの地震被害を忘れてしまいそうな素晴らしい景色ですね!
南阿蘇鉄道の全線復旧を、ひとえに願っています。

→ キハ58さん

南阿蘇鉄道は7月31日から高森~中松間のみ運転が再開されています。

頑張っているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64131599

この記事へのトラックバック一覧です: 阿蘇連山を高森町から:

« 音無井路・円形分水 | トップページ | 高森湧水トンネル公園 »

2017年12月

         
1
2
Img_0009
3
4
Img_0025
5
6
Img_0049
7
8
Img_0075
9
10
Img_0031
11
12
Img_0001
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31