« やまなみハイウエー | トップページ | シチメンソウ自生地 »

2016年9月14日 (水)

ムツゴロウのマンホール

Img_0043

 
私達は阿蘇のやまなみハイウエーから九重ICへ向かい、大分道、長崎道と高速道路を走り抜け、一気に佐賀市の南部に位置する西与賀(ニシヨカ)町まで進みました。 
 
九州弁で「ヨカマチ」というのは、「良い町」という意味ですが、、、何がヨカ?
 
所で、そのヨカマチでのお目当ては「佐賀市下水道浄化センター」で、写真のマンホール・カードをいただいてきました。   
 
 
 
 
Img_0039
 
勿論、すぐ近くの道路上にマンホール・カードと同じデザインのマンホール蓋を見つけデジカメを向けてパチリ!
 
西与賀町のすぐ南に広がる有明海の人気物ムツゴロウが二匹描かれています。
 
 
 
 
Img_0044
 
マンホール・カードの裏面には、デザインされた経緯などが説明されています。
 
当初からデザイン性に注目を浴び、昭和61年度に行われた「下水道マンホールデザイン蓋20選」に選ばれたようです。
 
ムツゴロウの顔は、何故かユーモラスに見えます。
 
 
 
 
Img_0041
 
マンホール・カードの裏面に説明されているのですが、二匹のムツゴロウの間に波模様があり、その上下に、小さな点が二つ描かれています。
 
この丸い点は後日追加されたもので、マンホールとマンホールの間の距離を測る基準点になっているそうです。
 
そういえば、この親子マンホール蓋ではなく、上の単独のマンホール蓋には、小さな点は描かれていませんので、初期に制作されたものでしょう。
 
 
 
 
Img_0042
 
佐賀市下水道処理センターから、有明海に向かって南へ車を走らせたところで、今では佐賀市と合併した旧・東予賀町のマンホール蓋を見つけました。
 
こちらはムツゴロウがドロンパ・キングダムとして漫画チックに描かれています。
 
西与賀町も東与賀町も、有明海の干拓で広がった町なので、今でもムツゴロウは最も親しみのある生き物なのでしょう。
 
 
 
 
 
 

« やまなみハイウエー | トップページ | シチメンソウ自生地 »

コメント

佐賀県、さすがに「ムツゴロウ」ですね
マンホールの距離を測る基準の「点」って蓋の方向が変わると変わるのでは?おおよそでいいのでしょうか。

→ 鉄腕マトムさん

マンホールの蓋の中心部に点を設けておけば正確に測れるような気がしますが、、、。

凡そも距離なのでしょうネ~。

草原から一転して・・・九州も広いですね!
ガタリンピックでしたっけ、思い出しちゃいました^.^/

→ キハ58さん

ムツゴロウは有明海、一番の人気物ですネ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64159811

この記事へのトラックバック一覧です: ムツゴロウのマンホール:

« やまなみハイウエー | トップページ | シチメンソウ自生地 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31