« 阿波踊りへ! | トップページ | 新屋島水族館 »

2016年8月21日 (日)

阿波踊りの連

Img_0037

Img_0039
 
阿波踊りは、「連」と呼ばれるグループ毎に練習を積み重ね、踊りを展開します。
 
その「連」には、純粋に阿波踊りを目指す踊り専門の連と、企業・団体を元に結成された連とがありますが、一般的には踊りを目的に結成された連の方が完成度の高い踊りを披露してくれます。
 
写真は携帯電話のNTTドコモが結成した「ドコモ連」。 会社で結成した連にしては、なかなかの踊りを見せてくれました。 
 
 
 
 
Img_0040
 
Img_0042
 
Img_0044
 
一方、こちらは百貨店の「そごう連」。
女性が多い会社らしく、男踊りも女性が踊り、女踊りには揃いの浴衣にマークを入れて、華やかに踊り込んできました。
 
 
 
 
Img_0073
 
Img_0075
 
こちらは阿波踊り専門の有名連「呉茶平連」、子供だけを集めたり、女性だけの男踊りがあったり、あれこれ趣向を凝らして踊ります。
 
 
 
 
Img_0045
 
Img_0047
 
Img_0050
 
「阿呆連」自慢の踊りは「奴踊り」。 女性が浴衣の袖を伸ばして、奴凧の真似をして踊り、男性がその凧糸を引く、、、という踊りが、観衆の拍手喝采を浴びます。
 
 
 
 
Img_0095
 
Img_0102
 
Img_0103
 
こちらの連は「阿波扇」。 子供も女性も男性も、鮮やかな扇を片手に踊ります。
 
扇をヒラヒラとかざしながらの、独特の踊りで、会場の雰囲気が盛り上がりました。
 
 
 
 
Img_0116
 
Img_0122
 
 「卍まんじ連」です。 少し地味な浴衣が、逆に踊りを引き立てていました。
 
 
 
 
Img_0128
 
Img_0129
 
こちらも有名な「殿様連」。 
 
それ程、メンバーの数は多くありませんが、踊りが揃って見事なチムワークです。
 
 
 
 
Img_0126
 
どの連もそうなのですが、女踊りを踊るために、常に下駄を前方に傾けたままで踊り続けることは、さぞ大変なことでしょう! 
 
 
 
 
Img_0097
 
男踊りのコツは、常に腰を落として、腰を曲げたままで踊ること。 
 
これまた、腰痛の原因になりそうでした。
 
 
 
 
 
 
 

« 阿波踊りへ! | トップページ | 新屋島水族館 »

コメント

わお!
あの独特のメロディーが聞こえてきそうです!!
皆さんこの日のために踊りが日常の一部になっているのでしょうね。

→ 鉄腕マトムさん

それは、それは楽しい2時間が、あっと云う間に過ぎてしまいました。

臨場感たっぷりです!
まさに、徳島の夏ですね^.^/

→ キハ58さん

「阿波踊り」は、日本一の盆踊りかもしれませんネ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64066861

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波踊りの連:

« 阿波踊りへ! | トップページ | 新屋島水族館 »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30