« 長湯湖STONEウェイクパーク | トップページ | 九州の初日は別府 »

2016年8月30日 (火)

大分・鶴崎踊り

Img_0043

Img_0071
 
現在は大分市と合併した旧・鶴崎市に江戸時代から伝えられてきた「鶴崎踊り」を観に行ってきました。
 
江戸の昔、この鶴崎は肥後熊本・細川氏54万石の飛び地でした。 熊本から出発した
参勤交代の行列は肥後街道を進んで、この鶴崎の港から船に乗り換えました。
 
 
 
 
Img_0035
Img_0038
 
港には「波奈之丸」をはじめ、百艘を越える藩船が置かれ、京・大阪との交易の窓口として繁盛していました。
 
当時、庶民の間で伊勢への「おかげ参り」が大変流行し、鶴崎からも伊勢神宮へのお参りをする人々が増え、「伊勢踊り」を覚えて帰ってくる人が多くなり、この鶴崎に定着した踊りが「猿丸太夫」という名前で踊り伝えられました。
 
 
 
 
Img_0041
 
Img_0047
「猿丸大夫」の踊りは、基本的には男性も女性も同じ踊りで、頭に男性は折り鶴や女性は花飾りを付けて、静かにそして優雅に踊ります。
 
 
 
 
Img_0036             
Img_0076
 
踊りは、各グループ毎に浴衣を揃え、飾りを揃えて、沢山のチームが踊っていました。
 
中には、浴衣の裾に男女・色違いの鶴を描き見事な衣装のチームが目につきます。
そして、盆踊りとしては、かなり上品で静かな踊りです。
 
 
 
 
Img_0044
 
Img_0056
 
Img_0059
 
こちらは町内会の子供チーム。
 
それぞれ一人前の浴衣姿で、一生懸命に踊りました。
 
 
 
 
Img_0069
 
一方、こちらは男性の踊り。
 
腕を伸ばし、指先を揃えて真剣に踊っている姿は、なかなかのものです。
 
 
 
                    
Img_0064
 
子供や男性だけでなく、綺麗な女性の踊りはやっぱりお見事!
阿波踊りなどの躍動感はありませんが、優雅さは一番かもしれません。
 
 
 
 
Img_0066
 
鶴崎踊りには、もう一曲「左衛門」という踊りがあります。
 
踊りの起源は、遠く永禄3年(1560年)、時の豊後の国主・大友宗麟公が、一時期遊興にふけって政治を顧みないため、重臣の戸次鑑連は、これを諫めようと、一計を案じ、京都から踊り子を招いて日夜躍らせました。 
それを聞いた宗麟公は不審に思い、様子を見に出掛けたところ鑑連は「三つ拍子」という踊りを踊らせ、宗麟公の機嫌が良くなった所で、涙を流しながら諫めたところ宗麟公はその忠言を聞き入れた…と伝えられています。
 
その「三つ拍子」が「左衛門」の始まりと伝えられています。
 
 
 
 
Img_0088
 
沢山の人々が列を作って踊っている中を、踊りの師匠数人が踊りの判定をして歩きます。
 
「これは!」という踊り手を見つけたときは、その背中に「優秀賞」という小旗を差します。
 
これが、踊りを踊る人の励みになるようで、小さな女の子にも「優秀賞」の旗を掲げて踊っている姿も見かけました。  
 
 
 
 
 
 
 

« 長湯湖STONEウェイクパーク | トップページ | 九州の初日は別府 »

コメント

写真からでも阿波踊りとは対照的にゆったりとした優雅な踊りが見て取れます、
「優秀賞」の旗を着けるなんて
なんて面白いのでしょう!

→ 鉄腕マトムさん

最初は、踊りも踊らず、踊り手の近くで観察している着物姿の奥様は何をしているの? と、疑問でしたが、踊りの判定員だったのです。

折鶴をかぶる・・・優雅な踊りですね!
知らない踊りのご紹介をありがとうございます^.^/

→ キハ58さん

全国には、色々と珍しい踊りやお祭りがあるものですネ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64121765

この記事へのトラックバック一覧です: 大分・鶴崎踊り:

» ケノーベルからリンクのご案内(2016/08/31 08:56) [ケノーベル エージェント]
大分市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 長湯湖STONEウェイクパーク | トップページ | 九州の初日は別府 »

2017年12月

         
1
2
Img_0009
3
4
Img_0025
5
6
Img_0049
7
8
Img_0075
9
10
Img_0031
11
12
Img_0001
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31