« 大分・鶴崎踊り | トップページ | 肥後街道・今市宿 »

2016年8月31日 (水)

九州の初日は別府

Img_0007_2

今回の九州方面ドライブの第一日目は大分県の別府へ宿泊しました。
 
日本一、数多くの温泉が点在する「温泉県大分」ですが、その中でも最も古くから有名な温泉が「別府温泉」です。
 
広い別府市内の山裾から海岸に至るまで、あちこちからお湯が出ていますが、私達は海岸近くのホテルに宿泊し、ゆっくりと温泉で汗を流してきました。
 
 
 
 
Img_0006_2
 
別府湾に面した海岸沿いにはヨットヤードが設けられ、その向こう側、遠くには野生の猿で有名な「高崎山」が見えています。          
 
 
 
 
Img_0002_2
 
Img_0003
 
まだ日差しの強くならない間に、ホテル近くを散歩しましたが、その途中で別府市のマンホールを発見!  市の花「オオヤシオ・ツツジ」が描かれています。
 
よく見かける白黒の蓋だけでなく、淡い色のついたカラー・マンホール蓋も見つけました。
 
 
 
 
Img_0005
 
一方、こちらの中央部分に描かれているのは別府市の市章? と思ったのですが、よくよく見ると、別府市の市章を上半分に描き、下半分に「下」を描いているため、「別府市下水道局」のものと推測されます。
 
 
 
 
Img_0004
 
Img_0009_2
 
これは近くで見つけた消火栓と、別府市の汚水詮の蓋です。
 
消火栓には、やはり別府市の花に指定されているオオムラサキ・ツツジが描かれ、汚水弁には別府市の「ベ」がデザインされていました。
 
 
 
 
Img_0001
 
九州方面ドライブ二日目、最初の目的地を目指す途中で、現在は合併して由布市になっている旧・挟間町のマンホール蓋を見つけました。
 
その当時「町の花」に指定されていたサザンカが描かれた、とても綺麗な絵柄です。
 
 
 
 
 
 

« 大分・鶴崎踊り | トップページ | 肥後街道・今市宿 »

コメント

気がついたのですが、マンホールの「蓋」のデザインもさることながら
「穴」の縁にもデザインが施されているのですね
これからは気をつけて見ることにします。

→ 鉄腕マトムさん

マンホールの蓋を取り付けるために、同じ鋳鉄製の枠を設置してあり、その枠にデザインが描かれている場合があるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64124499

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の初日は別府:

« 大分・鶴崎踊り | トップページ | 肥後街道・今市宿 »

2017年12月

         
1
2
Img_0009
3
4
Img_0025
5
6
Img_0049
7
8
Img_0075
9
10
Img_0031
11
12
Img_0001
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31