« 茶室・白雪楼 | トップページ | 豊島大橋へ »

2016年8月 2日 (火)

蒲刈大橋

Img_0115

 
Img_0033
 
Img_0084
 
下蒲刈島の松濤園付近から眺めた「蒲刈大橋」です。
 
最初に渡った「安芸灘大橋」の吊り橋と違い、鉄骨を組み合わせたトラス橋なので、ガッシリとした存在感のある橋です。
 
 
 
 
Img_0071_2
 
Img_0094
 
上蒲刈島との水道沿いに建つ美術館や茶室などからも、この蒲刈大橋が見えていました。  
 
全長は480mと、それ程に長大な橋ではありませんが、かなり堅固な橋です。
 
 
 
 
Img_0026
 
車を駐車させていた市民センターの前に戻ってくると、眼前に蒲刈大橋がドーン!
 
やっぱり巨大な構造物です。
 
 
 
 
Img_0117
 
Img_0118
 
私達を乗せた車は、少し道路を大きく迂回して、いよいよ「蒲刈大橋」に差し掛かりました。
 
こうして走ってみると、とても480mの橋とは思えない程に、長~く感じる橋でした。
 
 
 
 
Img_0122
 
橋を渡り終え、すぐ右手にある「であいの館・蒲刈」というドライブイン・レストランの駐車場から、振り返るようにして撮った写真がこれ。
 
淡いブルーに塗装された、あのトラス橋が下蒲刈島と上蒲刈島とを力強く結んでいます。
 
 
 
 
 
 

« 茶室・白雪楼 | トップページ | 豊島大橋へ »

コメント

魅力有る橋って やはり自然との調和でしょうかね。
それとも 突出してしまい それ自体を芸術作品にしてしまうとか・・

→ 六花さん

橋って、海峡や川の両岸を結ぶ貴重な絆。 巨大な橋はどれも芸術品のように見えました。

立派なトラス橋ですね。
島風景とマッチしているのが、これまた素晴らしいです!

→ キハ58さん

かなり力強く立派な橋が印象的でした。

景観や地形に合わせたのでしょうか?
それぞれ独特なデザインの橋で面白いです。

→ 鉄腕マトムさん

瀬戸大橋も次々に別の形の橋が登場して楽しいものですが、それぞれに橋の工法は工夫されているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/63982412

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲刈大橋:

« 茶室・白雪楼 | トップページ | 豊島大橋へ »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31