« 野山の夕焼け | トップページ | あの赤い斑模様は? »

2016年8月18日 (木)

香川県のマンホール・カード

Img_0020

 
「香川県流域下水道」のマンホール・カードは、香川県内の宇多津町と多度津町の二ケ所の浄化センターで配布されていますが、そのどちらも表面は全く同じマンホールがプリントされています。
 
絵柄は香川県の観光マスコット「親切な青鬼くん」が中央に描かれています。
 
 
 
 
Img_0023
 
Img_0021
 
こちらが、マンホールカードの裏面ですが、宇多津町大束川浄化センター配布、多度津町金倉川浄化センター配布は、右上のイラスト部分だけが異なります。
 
 
 
 
Img_0024
 
そして、こちらが「親切な青鬼くん」を描いてある、マンホールの蓋です。
 
初めて、塩江温泉でこのマンホールを見つけたときは、行基菩薩によって開湯されたのが塩江温泉だったため、僧・行基が描かれているものだと思っていました。
 
それにしては、マンガチックな行基菩薩だなあ? と、多少疑問に思ったものですが、右手からは温泉が流れ落ちているように見えました。
 
 
 
 
Img_0002_2
 
そして、この写真がJR四国・高松駅前に飾られている「親切な青鬼くん」の石像です。
 
浜田廣介さんの童話「泣いた赤鬼」に登場する青鬼をモデルに造られた香川県の観光マスコットです。
 
 
 
 
Img_0003_2
     
童話の中の青鬼は、友達の赤鬼を助けた後、いずこかへ旅立つのですが、実はその後、青鬼くんは香川県に立ち寄り、讃岐の人のお接待の心に触れ、人々の温かさに感動して讃岐の地に住み着いた…というのです。
 
そんなことから、今では香川県の観光マスコットに選ばれています。
 
私、個人としては「うどん脳」などという「ゆるキャラ」より、「親切な青鬼くん」の方が、ずっと親しみが湧いて楽しい気がするのですが、、、いかがですか?
 
 
 
 
 
 

« 野山の夕焼け | トップページ | あの赤い斑模様は? »

コメント

「親切な青鬼くん」ですか!
ゆるキャラ有りましたっけ?
それにしてもマンホールの「青鬼くん」は角がわかりにくいです。

→ 鉄腕マトムさん

青鬼くんの縁取りが白いので判別し難いんですね~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64044943

この記事へのトラックバック一覧です: 香川県のマンホール・カード:

« 野山の夕焼け | トップページ | あの赤い斑模様は? »

2017年12月

         
1
2
Img_0009
3
4
Img_0025
5
6
Img_0049
7
8
Img_0075
9
10
Img_0031
11
12
Img_0001
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31