« 屋島山上の瀬戸内国際芸術祭 | トップページ | 野山の夕焼け »

2016年8月16日 (火)

屋島 hi 8 way

Img_0008

 
瀬戸内国際芸術祭の参加作品180番が、屋島山上に展示されています。
 
「あじ竜王山公園」に展示されていた Watch Tower という、腕時計のような展望台を制作したジョン・グルメリングというオランダ人作者によって制作された展望台です。
 
 
 
 
Img_0009
 
近くに寄って写真を撮ったのですが、残念ながら基礎工事がうまくできていなかったようで、「揺れが大きいため、展望台に登ることはご遠慮ください」ということでした。
 
 
 
 
Img_0010
 
Img_2
 
芸術作品である 「hi 8 way」 の背後から、瀬戸内海を眺めるように見ると、こんな風に見えます。  
 
下の図は、グルメリングさんの構想段階の設計図だそうです。
 
 
 
 
Img_0012
 
芸術作品のすぐ先には「獅子の霊巌」と呼ばれる、古くからの展望台があり、こんなに見事な高松市街地と瀬戸内海の眺めが楽しめます。
 
写真を、一度、二度クリックし、拡大してパノラマ写真をお楽しみください。
 (元の画面に戻るには、画面左上の「←」で戻れます)
 
高松港のすぐ沖合に細長く見える島が、通称「鬼ヶ島」と呼ばれる女木島(メギシマ)です、左に広がっている市街地が人口42万人の中核都市・高松市です。
 
 
 
 
 
 

« 屋島山上の瀬戸内国際芸術祭 | トップページ | 野山の夕焼け »

コメント

展望台、素人目にも強度不足
芸術作品なので実用性は必要ないでしょう~
高松市街のパノラマ あたかも現場にいる気分になれます!

→ 鉄腕マトムさん

上がる、下るが、一方通行できるように工夫されているのですが、

やはり「芸術作品」として考えられた「もの」なんですネ~!、  

上れないのは残念ですね!
でも、サヌヒロさんのパノラマ写真で、作品の意図が良くわかりました^.^/

→ キハ58さん

屋島山頂からの眺めは抜群で、お勧めのスポットです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64038745

この記事へのトラックバック一覧です: 屋島 hi 8 way :

« 屋島山上の瀬戸内国際芸術祭 | トップページ | 野山の夕焼け »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30