« 神光寺 「のぼり藤」 | トップページ | ヒトツバタゴ自生地 »

2016年5月26日 (木)

大坂越え

Img_1125

 
Img_1115
 
徳島県神山町にある神光寺では、見事な「のぼり藤」を堪能しました。
 
樹齢100年と云われる藤の大木は一見の価値があります。
 
 
 
 
Img_1129
 
Img_1133
 
境内には、カザグルマ(テッセン?)が白っぽい花を咲かせ、ミカンの蕾が今にも花を咲かせそうな雰囲気で、白い蕾を沢山つけていました。
 
 
 
 
Img_1134
 
徳島県から香川県へ帰る私達が選んだのが徳島県道1号線。 どうやら車のナビで概要を見ると、何だか距離が短そうだったので、その道を選んだのですが、、、大失敗。
 
写真は、走行中のナビの画面を撮ったものですが、そのヘアピン・カーブの多いこと!
クネクネとカーブが続くこと、続くこと。
 
その昔は「大坂越え」と云って、阿波の国から讃岐の国へ向かう難所として名を馳せ、文治二年(1186年)には義経一行もこの大坂峠を越えて屋島・壇ノ浦へ向かったと云われる古来からの道路です。
 
 
 
 
Img_1135
 
長々と続くヘアピン・カーブを走り、遠く前方に明るい引田湾の海が見えてきたときは「ホッ!」と一安心したものです。 
 
でも、海が見えた後でも、何度も何度もハンドルを右に左に回し続け、国道11号線へ辿り着いたときは流石に溜息が出ました。
 
現在は海沿いに国道11号線が走り、高松自動車道では「大坂トンネル」があって、ヒューっと通過できてしまいます。 便利になったものです。
 
 
 
 
Img_1136
 
現在は東香川市に名前が変わった旧・引田町(ヒケタチョウ)のマンホールは「町の花」に指定されていた梅の花が五つ並んで、まるで全体でも梅の花のようなデザインでした。
 
それにしても、すごいカーブの続く「大坂峠」でした、もう二度と走ることは無いでしょう!
 
 
 
 
 
 
 

« 神光寺 「のぼり藤」 | トップページ | ヒトツバタゴ自生地 »

コメント

ナビの画面を見て
本当にすごいカーブの「大坂峠」お疲れ様でした。
海が見えてホッとされたのがわかります^^;
全体を見ても梅の花のようで
うまくデザインされた旧引田町のマンホールですね。

→ 彩さん

もう大坂峠を走ることは無いでしょう!  すごい急坂と大変なカーブに本当に凝りました。

引田町のマンホール、可愛いですよネ!

県道1号線のクネクネ凄いですね!
へびが映っているようです^.^;;

→ キハ58さん

久方振りで、こんなにひどいヘアピン・カーブを沢山曲がりました。

大変なカーブの連続で、いささか参りました。

やややっや
この「ワインディングロード」は!
景色を堪能できませんね。

→ 鉄腕マトムさん

本当に、右に左にハンドルを回すドライバー泣かせの徳島県道1号線でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/63661621

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂越え:

« 神光寺 「のぼり藤」 | トップページ | ヒトツバタゴ自生地 »

2018年6月

         
1
2
Img_0003
3
4
Img_0012
5
6
Img_00013
7
8
Img_0002
9
10
Img_0022
11
12
Img_0044
13
14
Img_0080
15
16
Img_0054
17
18
Img_0973
19
20
Img_0117
21
22
Photo_6
23
24
Img_0006
25
26
27
28
29
30