« 特急「いしづち1号」 | トップページ | 伊予灘ものがたり »

2016年5月 7日 (土)

特急・宇和海9号

Img_0760

 
Img_0767
 
朝一番で高松駅から「特急・いしづち1号」へ乗って松山までやってきた私達は、同じホームの先で待っていた「特急・宇和海9号」へ乗り継ぎしました。
 
その日、私達の目的地は「伊予・大洲」です。
 
 
 
 
Img_07704
 
Img_0768
 
今回の行程は、上に書かれた行程表に従い、そのお目当てはJR四国が昨年から企画して、人気の鉄道旅「あじな散歩道・伊予灘ものがたり」へ乗車することです。
 
私達の乗った「特急・宇和海9号」は5分程遅れて、松山駅を出発しました。
 
 
 
 
Img_07701
 
「伊予灘ものがたり」は、JR四国が企画した観光列車で、全国各地で運行され始めた観光列車の先駆けとなったものの一つで、大変人気のある電車です。
 
「キロ47気動車」二両を観光列車として改造し、一号車は赤く染まった「茜の章」、二号車は夕日に輝く「黄金の章」という二両編成の観光列車で、人気が高く、今回もなかなかインターネットでの予約が取れませんでした。
 
 
 
 
Img_07702
 
「伊予灘ものがたり」は、大洲、又は八幡浜と松山の間を結んで一日に二往復が運行され、列車はレトロモダンをコンセプトに内装が施されています。
 
伊予路をゆっくりと走りながら、味と鉄道が楽しめる企画が四種類、用意されています。
 
 
 
 
Img_07703
 
観光列車「あじな散歩道・伊予灘ものがたり」では、
 
① 松山から特製の朝食をいただきながら大洲まで走る「大洲編」、
② 大洲から郷土料理の昼食を食べながら松山まで走る「双海編」、
③ 午後、松山を出発し、軽食をいただきながら八幡浜まで走る「八幡浜編」、
④ 夕刻、八幡浜を出発して夕陽と軽食を楽しみながら松山へ向かう「道後編」
 
という、一日二往復する四つのプランが用意されています。
私達は今回、②の双海編に参加するために、大洲へ向かって走りました。
 
 
 
 
Img_0769
 
松山からの特急電車「宇和海9号」は、僅か30分程で大洲に到着します、、。
 
さあ、どんな電車で、どんな旅が楽しめるのか、、、期待が膨らみ、、、、楽しみです。
 
 
 
 
 
 

« 特急「いしづち1号」 | トップページ | 伊予灘ものがたり »

コメント

なるほど!
これでしたか!!
西武鉄道でも「レストラン列車」がありますが予約が一杯で取れないそうです・・
この後のブログが楽しみです!!

→ 鉄腕マトムさん

去年の開通時から、相当に時間が経ったので、そろそろ空いている頃かと思いましたが、今でもなかなか希望が取れませんでした。

今回は鉄道の旅でしたか。たまにはのんびり車窓の風景を楽しむのもよいものでしょうね。
こちらもグルメ列車は、あちこちの私鉄で開催されています。私もいろんな列車に乗りました。
こちらは、ローカル列車で1時間ほどの乗車時間ですが・・・

→ スーちゃん

今回は2時間20分の観光列車です。 いつもの車と違って、電車も楽しかったです。

アプローチも佳境に入ってきましたね。
山線そして特急使うと意外と近い大洲なのですね。
さあ、お楽しみはこれから!

→ キハ58さん

特急で、山側を走ると30分程しか、かからず、早いものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/63569624

この記事へのトラックバック一覧です: 特急・宇和海9号:

« 特急「いしづち1号」 | トップページ | 伊予灘ものがたり »

2018年9月

           
1
2
Img_0061
3
4
Photo_3
5
6
6
7
8
Photo_8
9
10
Photo_5
11
12
Photo_4
13
14
3
15
16
Photo
17
18
Img_0018
19
20
Img_0001_2
21
22
4
23
24
3
25
26
Img_0038
27
28
29
30