« 伊予灘ものがたり | トップページ | 伊予灘ものがたり(3) »

2016年5月 9日 (月)

伊予灘ものがたり(2)

Img_0819

 
Img_0799
 
私達は4月23日、伊予大洲駅から、JR四国で人気の観光列車「味な散歩道・伊予灘ものがたり」へ乗車してきました。
 
これは二号車の「黄金の章」という車両で、キロ47気動車を改造したものです。
 
 
 
 
Img_0780
 
Img_0781   
 
伊予大洲駅を出発し、暫くすると各テーブルに郷土料理のお弁当が配膳されました。
 
一緒に配られたメニュー内容を、それぞれに記入しました、、、。  
いかがですか?
 
 
 
 
Img_0786
 
多少、アルコールの飲める妻は、特製ビールもお願いして、、、乾杯!
 
ただ、この昼食弁当にはお吸い物が、食後にはコーヒーが付いているのですが、何とお茶(又は水)が出てきませんでした。 
 
いつも食事の前には薬を飲まなくてはならない私は、止む無くお吸い物で薬を飲みましたが、これはちょっと改善した方が良さそうです。
 
 
 
 
Img_0785
 
車窓からは、これまで何度か「肱川嵐」を見たい…と、車で訪ねたことのある「長浜大橋」が見えてきました。  もうすぐ伊予長浜駅に到着しそうです。
 
 
 
 
Img_0787
 
伊予長浜駅のホームでは、地元の皆さん6~7人が手を振り、旗を振って出迎えてくれ、特産の温州ミカンを使ったゼリーやジュース、シロップが即売されていました。
 
ただ、残念なことに、乗客の皆さんは弁当を開いて食事中ということもあって、ほとんど車外に出て特産品を買う人は居ません。  
 
せっかく地元の特産品をズラリと並べても、食事の時間を工夫しない限り、車両を出て買う人が居ないのでは…。  
皆さんの暖かい「おもてなし」に応えることができず、、、少し申し訳ない気になりました。
 
 
 
 
Img_0789
 
Img_0790
 
次の停車永は喜多灘駅。
 
この駅は、カラフルな手描きの絵に描かれているように、ホームの半分が大洲市、半分から先が伊予市、という市の境界線上にある珍しい駅です。
 
因みに、この可愛い絵は列車アテンダントの皆さんが描かれたそうです。
 
 
 
 
Img_0793
 
その次の「串駅」には停車しませんでしたが、ホームのすぐ先で電車はノロノロ徐行運転をしてくれます。 
電車が通る鉄橋のすぐ下が伊予灘の波打ち際で、小さな波と透明な海が真下に見えました。  海水が透けて見える、綺麗な海岸に感動しました。 
 
私達が楽しんでいる観光列車・「伊予灘ものがたり」も、残りは半分程になりました、どうぞ明日の内容もご期待ください。
 
 
 
 
 
 

« 伊予灘ものがたり | トップページ | 伊予灘ものがたり(3) »

コメント

お弁当というより
「おつまみセット」という感が・・
お酒を頂きたくなる気分、分かります!!

→ 鉄腕マトムさん

かなり色々な料理が並んで、手が込んでいますが、ご飯はお寿司が二巻だけで、上品なお弁当でした。

お弁当のメニューをちゃんと書かれてるのが
すごいです。
まねして その料理を作れませんが・・・。
こんな感じのお弁当好きです。
JRさんもこのブログを見て 食事時間を変えるか して特産品を買えるようにされるといいですねbleah

→ keiko さん

久しぶりで~す! 各駅ごとにあれこれと、お迎えや歓迎があり、なかなか難しいのかもしれませんネ~!

素敵なお料理と車窓・・・こたえられませんね!
長浜大橋まで見えて素敵です。

→ キハ58さん

電車の中で食事と、ノンビリ景色が眺められるのは嬉しいことでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/63573766

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予灘ものがたり(2):

« 伊予灘ものがたり | トップページ | 伊予灘ものがたり(3) »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31