« きのこ料理・創士庵 | トップページ | 生駒山 寶山寺 »

2016年3月17日 (木)

生駒市散策

Img_0019

創士庵で珍しいきのこ料理に舌鼓を打った私達がは店の外に出て、その駐車場に向かう途中で生駒市のマンホールの蓋を発見。

僅かな距離の間で、三種類のマンホールの蓋を見つけました。
先ずは、市章のみを中央に嵌め込んだ既製品のデザインです。
 
 
 
 
 
Img_0020
 
Img_0021
 
こちらの二種類は、「関西文化学術研究都市」を描いたものでしょう!
 
「IKOMA CITY」というアルファベットを使った、先進的なデザインです。
 
 
 
 
Img_0046
 
Img_0047
 
創士庵のお店を出てすぐ先に、こんなに見事に咲いた枝垂梅を見つけました。
 
勿論、個人のお宅で、梅の木はそのお宅の庭に植えてあるのですが、垂れ下がった枝はほとんど外壁の外に垂れ下がり、見事に花を咲かせていました。
 
 
 
 
Img_0050
 
Img_0049
 
生駒市は、江戸時代に創建された生駒聖天・宝山寺の門前町として発展してきました。
 
私達は、その生駒発祥の寺・宝山寺に向かいました。
 
駐車場に車を停め、参道の途中に出て、宝山寺まで延々と続く階段参道を見下ろした写真と、見上げた写真の二枚です。
 
 
 
 
Img_0051
 
Img_0052
 
目指す宝山寺までは、まだまだ階段が続きます。
 
参道脇に梅の古木があり、ピンクの梅の花が息を弾ませている私を応援してくれます。
 
休憩を兼ねて、梅の花をパチリ!
 
さあ、目指す「宝山寺」までは、あと一息です。  
 
 
 
 
 
 

« きのこ料理・創士庵 | トップページ | 生駒山 寶山寺 »

コメント

しだれ梅、見事ですね!
歴史ある参道の雰囲気が伝わってきます(^.^/

生駒山は幼稚園の頃に行っているようですが記憶は全くありません
写真だけは残っているのですが・・

→ キハ58さん

あの枝垂れ梅は創士庵の近く、団地の中のお宅にありました。

混同させてしまい、申し訳けありません。

→ 鉄腕マトムさん

幼稚園の頃に行かれたのは「生駒山遊園地」でしょうね!

いずれ、お寺などの次にご紹介する予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/63343362

この記事へのトラックバック一覧です: 生駒市散策:

« きのこ料理・創士庵 | トップページ | 生駒山 寶山寺 »

2017年9月

         
1
Img_0031
2
3
Img_0038
4
5
Photo_3
6
7
Img_0059
8
9
Img_0065
10
11
Img_0094
12
13
Img_0083
14
15
Img_0001
16
17
Photo_4
18
19
Img_0027
20
21
Img_0032
22
23
Photo
24
25
26
27
28
29
30