« 青土(オオヅチ)ダム | トップページ | 祇園祭の八坂神社 »

2015年9月 8日 (火)

京都・智積院

Img_0010

 
Img_0014
 
北海道周遊ドライブの帰路、私達が最後に立ち寄ったのは京都。 
 
ブログでお付き合いのあるAさんの紙面に刺激され、京都の智積院を訪ねました。
 
※  智積院HP  http://www.chisan.or.jp/
 
 
 
 
 
 
Img_0015
 
Img_20150831_0004
 
真言宗智山派総本山である智積院は、京都東山区にあり、全国に末寺3千余カ寺を要するとても大きなお寺です。 
 
末寺の中には成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院の大本山、名古屋の大須観音宝生院の別格本山などが含まれ、信徒の数は30万人を数えます。
 
 
 
 
 
 
Img_0016
 
Img_0019
 
Img_0028
 
大きく立派な講堂に足を踏み入れて廊下を進むと、濡れ縁の先に庭園が見えてきます。
 
利休好みの庭と伝えられ、池の先には中国の廬山を模した山が築かれ自然石と植栽が深山幽谷を感じさせます。
 
 
 
 
 
 
Img_0021
 
長谷川等伯の子、久蔵(25歳)によって描かれた 国宝・桜図 です。
何と、長谷川久蔵はこの絢爛豪華な桜図を描いた翌年に急逝してしまいます。    
 
 
 
 
 
 
Img_0020_2
 
我が子・久蔵の突然の死に、心が挫けそうになりながらも、渾身の力を振り絞って描いた長谷川等伯の 国宝・楓図 です。
 
 
 
 
 
Img_0023
 
講堂にある大きな広間に、日本を代表する二つの障壁画がド・ド~ンと並べられている様は本当に見事です。
 
この二枚の国宝画を背中にしながら、贅を凝らした庭園を眺めることができる大広間は贅沢そのものでした。
 
 
 
 
 
Img_0031
 
Img_0034
 
私達は講堂を出て、金堂や明王殿などの並ぶ広い境内を散策しました。
 
 
 
 
 
Img_0033
 
Img_0036
 
Img_0039
 
私達が智積院を訪れたのは6月23日。  
 
今となっては、とっくに季節はずれになってしまいましたが、境内には桔梗、蓮、百合が咲き、色々なアジサイが目を楽しませてくれました。 
 
 
 
 
 

« 青土(オオヅチ)ダム | トップページ | 祇園祭の八坂神社 »

コメント

「智積院」のことは知りませんでした
障壁画、見事です!
庭園の斜面、ツツジでしょうか?季節になったら見事でしょうね。

→ 鉄腕マトムさん

川崎大師や成田山新勝寺などの総本山で、信徒30万人はすごいですよネ!

本当に懐かしい!智積院

えぞをと ご縁のある方がそちらのお坊さんでした。
ご案内頂き 秘宝が開帳される年とかで
見せて頂きました。

あのふすま絵 みごとですものね・・
ため息付きながら 寺内を歩いたことがなつかしい・・

ちなみに えぞをの本山は 知恩院です。

→ 六花さん

智積院、総本山だけあって、立派なお寺さんですよネ!

私の父は寺の長男だったのですが、坊主が厭で法務省の役人になり、父の弟(叔父さん)が寺を継ぎました。 その寺がやはり知恩院が総本山である浄土宗のお寺です。

こんばんは~
庭園や襖絵も見られて
お花も色々花盛り6月のいい時に行かれましたね。

→ 彩さん

彩さんの写真に刺激を受けて 「是非、行ってみたい!」 と、思いました。 

桔梗も紫陽花も綺麗な時期でした、有難うございます。

智積院、大好きなお寺です!庭園は素晴らしいですし、寺院内の玄関?から7条通りを見ると、タイムスリップしたような錯覚した思い出があります。
久しぶりにあえて、嬉しいです^^/

→ キハ58さん

私の家の宗派は浄土宗なので、知恩院しか行ったことがなく、今回初めてお参りしてきました。

流石に総本山で、見事なお寺でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/62196399

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・智積院:

« 青土(オオヅチ)ダム | トップページ | 祇園祭の八坂神社 »

2017年11月

     
1
2
Img_0064
3
4
Img_0167
5
6
Img_0175
7
8
Img_0002
9
10
Img_0001
11
12
14
13
14
Img_00013
15
16
Img_0002
17
18
Img_0012
19
20
Img_0033
21
22
Img_0061
23
24
25
26
27
28
29
30