2014年11月30日 (日)

龍頭峡へ

Img118

紅葉を求めて安芸太田町に到着した私達は、先ず黄色く染まった「筒賀の大銀杏」を訪ね、その次に「自然休養村・龍頭峡」に立ち寄りました。

 

 

 

Img_0032

Img_0033

かなり狭い道路を進み、駐車場に車を停めると、渓谷に沿って谷の奥へ進みます。

ここまで山奥に来ると、空気が一層澄んできた感じがしました。

 

 

 

Img_0037

Img_0041

V字の渓谷が奥へ、奥へと続き、綺麗な流れが左手に見えます。 

谷川は、それほどの水流ではありません。

 

 

 

Img_0044

Img_0045

駐車場から2Km程歩き「芝生広場」に到着すると、交流の森「龍頭峡」 の案内図が設置されていました。

この先にある「二段滝」や「奥の滝」までには、まだ相当の距離がありそうなので、この日の主な目的地「三段峡」を制覇する為、私達はここで引き返すことにしました。

 

 

 

Img_0046

「さあ、三段峡へ!」と、車を走らせたところで早速見つけたのが旧・戸河内町のマンホールの蓋です。 アマゴ、モミジ、そしてアジサイが龍頭の滝と一緒に描かれていました。

 

 

 

«筒賀の大イチョウ

« 2014年11月 »

           
1
Img_0001
2
Img_0042
3
Img_0055
4
Img_0077
5
Img_0091
6
Img_0001
7
Img_0022
8
Img_0050
9
Img_0083
10
Img_0001_3
11
Img_0010
12
Img_0064
13
Img_0097
14
Img_0127
15
Img_0006
16
Img_0030
17
Img_0093
18
Img_0003
19
Img_0024
20
Img_0001
21
Img_0010
22
Img_0003
23
Img_0028
24
Img_0001
25
Img_0017
26
Img_0049
27
Img107
28
Img_0002_2
29
Img_0009
30
Img_0032