« 世界の名画 | トップページ | 丸亀婆娑羅まつり »

2014年8月30日 (土)

鳴門から高松へ

Img_9152

Img_9154

私達は大塚国際美術館の1Fに上がり、別棟にあるレストランで昼食を戴きました。

最近は「胃の実力」がメッキリ落ちてしまい、ちょっと食事をしただけで「お腹いっぱい!」という気分になってしまいます。 

まだ20代前半だった頃、自分で注文した「かつ丼」を食べた直後に、出前で残ってしまった「力うどん」を「戴きま~す!」と、ペロリと平らげてしまっていたことがあり、まるでその同一人物の胃とは思えません。

 

 

 

Img_9160

昼食の後は、ゴーギャンがタヒチで描いた絵などを少しだけ観て歩き、そろそろ美術館を出ることにしました。 

B3フロアーから始めて、グルリと回遊して歩くと、これも結構疲れるものです。

 

 

 

Img_9163

Img_9165

入館した時と同じく、B3フロアーから下りのエスカレーターに乗って帰ります。

大塚国際美術館の建物から外へ出ると、正面道路の向こう側に「大塚 潮騒荘」という施設がみえました。 大塚グループの従業員、家族のための保養・研修施設のようです。

 

 

 

Img_9169

Img_9170

鳴門市にある大塚国際美術館からの帰路は、一般道を走って帰ることにしました。

国道183号線を走り始めて5分もしない内に差し掛かったのが「堀越海峡」です。

進行方向右側に淡路島方面の播磨灘、橋の左側にウチノ湾が見え、素晴らしい眺めの橋を走り抜けることになります。

 

 

 

Img_9172

そこから10分も車を走らせると、徳島と高松を結んでいる国道11号線にぶつかります。私達は11号線を高松方向へ右折します。

少し走ると、正面右には瀬戸内海がパーッと広がり、遠く、薄く小豆島が見えてきます。

こんな海岸沿いをノ~ンビリと走り抜けるドライブもなかなか楽しいものでした。

 

 

 

Img_9184

Img_9190

鳴門から高松まで約65Km。 首都圏と違って、一般道を走るのも楽しいものでした。

我が家に到着して、ほっと外を眺めると、こんなに綺麗な夕焼けが…。

紅い夕日に照らされて、久しぶりに綺麗な空が広がっていました。

 

 

 

« 世界の名画 | トップページ | 丸亀婆娑羅まつり »

コメント

一般道でも 都心と違い展望が開けストレスを感じないようですね
きっと 心がスッキリとした気分になられたことでしょう。

→ 鉄腕マトムさん

高速道路を走るより、一般国道11号線を走る方が、周囲の景色が変って、楽しいドライブでしたよ。

おはようございます~
綺麗な夕焼けですね。
大阪と髙松とはまた違った夕焼けでしたね。
青空に広がる優しい色の綺麗な夕焼けですね。

→ 彩さん

我が家から眺めると、すぐ前の池に映って、湖面の中にも赤い空が見えるんですよ! 

おだやかな海ですね!

私もだいぶ胃が小さくなって、小食になりました。
食べ過ぎると、気分が悪くなります。
年はとりたくないですねhappy01


→ マイグリーンさん

せっかく美味しいものを食べても、すぐにお腹一敗…には困ります。
美味しいものだけはもっと沢山食べたい気がしますネ!

世界の名画を堪能させて頂き、
ありがとうございました~
我が家からだと、1時間30分程で行けそうですが、
美術音痴な主人は腰が重く・・・・・

素晴らしい美術品の数々をご紹介ありがとうございました。
いや、今年海芝浦の駅以外、海に行っていないんですけど、青空に海岸ドライブ素敵ですね!7

→ うさはるさん

そうですね、そちらからだと、案外近いでしょうネ! まあ、一度はお出掛けになると面白いです。

→ キハ58さん

やっぱり瀬戸内海は波が小さく静かで良いですネ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/60227779

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門から高松へ:

« 世界の名画 | トップページ | 丸亀婆娑羅まつり »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31