« 第七十九番・高照院天皇寺 | トップページ | 飛鳥Ⅱ・高松港へ »

2014年8月17日 (日)

八十場の清水

20140807_041

20140807_040

天皇寺高照院や白峰宮のすぐ近くにJR四国の予讃線が走っていて、「八十場(ヤソバ)」という小さな無人駅があります。 ちょっと変わった駅名です。

 

 

 

20140807_044

20140807_043

そんな小さな駅を訪ねてホームの写真を撮っていると、ちょうど高松行きの普通電車がホームに入ってきました。

それにしても「八十場」(ヤソバ)って、独特の駅名です。

 

 

 

20140807_046

この駅の近くに古くからの霊泉「八十場の清水」という湧き水があります。 今からおよそ1900年も前から、滾々と湧き出る霊泉で、近隣の人々から「弥蘇場の清水」と云われてきた有名な泉で、駅名は、その霊泉の名を、そのまま使用したようです。 

その「八十場」の駅の近くに清水屋という名物の「ところてん屋」さんがありました。

 

 

 

Img_8797

景行天皇の御代に「悪魚退治」という話が残っています。 

悪魚が人々を困らせている…ということを聞いた讃留霊皇子(景行天皇の御子、若しくは日本武尊)が、その退治に訪れたところ、逆に悪魚の毒にあてられてしまいました。 

讃留霊皇子(日本武尊)と八十余名の兵士は神童の捧げた「やそばの清水」によって蘇生したと伝えられています。

それ以来、この湧水は「弥蘇場の清水」と呼ばれるようになりました。

 

 

           

Img_8796

今から800年程前、讃岐の国へ配流された崇徳上皇が崩ぜられた際にも、上皇の亡骸の処遇について京から返事の使者を待つあいだ、遺骸を天皇寺前身の妙成就寺に安置し、神人達が冷たい八十場霊泉をかけ続けたところ、21日間すぎたのちも上皇の顔はまるで生きているごとくだったと云う話が残っています。  

やがて返事が届いて上皇は荼毘に付され、妙成就寺と並んで建てられた白峰宮に祀られました。

 

 

 

 

Img_8798

Img_8795

その滾々と湧き出る清水を使って「心太(トコロテン)茶屋」を始めたのが「清水屋」さん。

何と、創業二百三十余年の歴史を重ねているというのですから驚かされます。

※ 清水屋HP http://www.yasoba.com/

トコロテンの起源は定かではありませんが、中国から伝わったと云われています。 海草を煮たスープを放置したところ偶然にできた産物と考えられ、かなりの歴史があります。

最初は、「こころぶと」と呼ばれ、「心太」の漢字があてられていました。 それが「こころてい」と呼ばれるようになり、更に転じて「ところてん」と変わっていったようです。 

漢字の書き方は、昔のままで、その読み方だけが変ってしまった結果、普通では読めない難しい名前になってしまいました。

 

 

 

Img_8799

Img_8801

Img_8800

黒蜜を入れた関西風の甘い味も用意されていますが、私は辛子と酢醤油味の八十場風。

因みに、三杯酢で食べるのが尾張風、黒蜜が関西風、だし汁にネギ、ゴマをかけるのが土佐風なのだそうで、清水茶屋では、どの希望にも応じてくれます。

湧き出る湧水の音を耳にしながら、冷たいトコロテンを食べると、身体の中から一遍に涼しくなります。 食欲の無い、夏の暑い日にも最高です。 

 

 

 

Img002

Img_8794

「茶屋」のすぐ前には清水屋の「売店」もあり、お土産を買い求めることができます。

是非一度、創業二百三十余年、江戸時代からの味をお試しください。 

 

 

 

« 第七十九番・高照院天皇寺 | トップページ | 飛鳥Ⅱ・高松港へ »

コメント

「清水」と言うと こんこんと湧き出るイメージですが
この写真では 勢い良くあふれている感じが!

ところてん、タレを希望に応じてくれるのは珍しいですね
千葉県にも美味しいところてんやさんがあるのですが
その店では「棒状」のまま販売 「てんつき」がないと食べられませんよ。

→ 鉄腕マトムさん

湧き出た水を池まで引いて流し落としていました。 残念ながら、普通の人は清水の源泉までは近づくことができません。

これだけ素晴らしい清水でできたところてんは、美味しいんでしょうね。
八十場駅、四国行っても通過するだけですが、降りてみないとわからないですね!

→ キハ58さん

暑い夏は、食欲がなくなりますが、トコロテンだけは美味しく食べられましたよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/60155230

この記事へのトラックバック一覧です: 八十場の清水:

« 第七十九番・高照院天皇寺 | トップページ | 飛鳥Ⅱ・高松港へ »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31