2014年1月31日 (金)

鳴門ドイツ館

Img708

Img_4204

昨日ご案内した「板東俘虜収容所」での日独交流を記念して、鳴門市とドイツ・リューネルブルク市との間で姉妹都市盟約が締結され、俘虜収容所の近くに「鳴門ドイツ館」が建設されています。

写真のように、中央に塔を持った独特で立派な建物でした。

 

 

 

Img_4202           

Img_4203

ドイツ館のすぐ前には、我が国で最初にベートーヴェンの第九が演奏されたことを記念して、ベートーヴェンが力強く楽団を指揮をしている立像が建てられています。

 

 

 

Img_4205

Img_4206  

鳴門市では、我が国で最初に第九が演奏された「6月1日」を「第九の日」と定め、毎年この日に近い日曜日に「第九」の記念コンサートを開演しています。 

私も、もう一度訪ねて、その演奏を耳にしてみたいものだと思いました。        

 

 

 

Img_4207

Img_4209

Img_4210

ドイツ館内に展示してある、その当時の俘虜収容所の復元建物や、構内模型です。

また、「第九シアター」という施設があり、当時のドイツ兵たちの音楽活動などが紹介され等身大の人形達が演奏を聞かせてくれました。

 

 

 

«交響曲第九・日本初演の地

« 2014年1月 »

     
1
Img693
2
C04
3
Img_3717
4
Img_3735
5
Img_3759
6
Img_3776
7
Img_3790
8
Img_3799_2
9
Img_3775
10
Img_3824_2
11
Img_3843
12
Img_3828
13
Img_3886
14
6img_395
15
Img_3951
16
Img_3959
17
Img_3970_2
18
Img_3977
19
Img_3982
20
Img_4022
21
Img_4039
22
Img_4056
23
Img_4074
24
Img_4085
25
Img_4094
26
Img_4103
27
Img_4125
28
Img_4132
29
Img_4134
30
Img_4185
31
Img_4202