2013年4月30日 (火)

白兎海岸

080

Img466

湯梨浜町から鳥取市内を目指す私達の車は「因幡の白兎」の神話でお馴染みの白兎海岸へ差し掛かりました。

どこかで、この海岸の写真を…と思いながら海岸沿いの国道を走っていると、ありました道の駅。 

 

 

 

086

「道の駅 神話の里 白うさぎ」という名前ですから、判りやすいこと。

 

 

 

082_2

083_3

この海岸に到着する直前にワニザメを騙したことが知れてしまい、白うさぎは皮を剥がれてしまいました。 「因幡の白兎」は、古事記では「稻羽之素菟」と書かれています。

「隠岐島」からこの海岸を目指したという説がある一方、単に「沖の島」からという説明もあります。

まあ、神話の世界ですから、あれこれ説があっても不思議ではありません。

 

 

 

087

道の駅の入口には「大黒様(大国主の命)と白うさぎ」の像が飾られていました。

 

 

 

089

道の駅のすぐ南側には白兎神社がお祀りされています。 残念ながら、先を急ぐ私達は立ち寄りませんでした。  駐車場から鳥居の写真だけをパチリ!

 

 

 

091               

092

さあ、道の駅に入って一休み…と建物に入ろうとしたらアラ! 

鳥取県の「ゆるキャラ」である「トリピー」がやってきて握手。

顔は二十世紀梨、羽で鳥を表し、頭には梨の花が咲いています。 カメラを向けたら、しっかりポーズを取ってくれました。

 

 

 

093

094_2

ご当地B級グルメは「わにラーメン」と「もさバーガー」だそうです。

生憎、湯梨浜町で昼食を済ませたばかりだったので、試食さえできませんでした。

もさバーガーは、地元では「甘えびよりも甘い」と言われるご当地海産物「もさえび」5尾分をペースト状にアレンジして、エビカツに仕上げたものを目玉焼きとともにサンド。 イカスミを練りこんだ真っ黒バンズに挟んだもので、その相性はピッタリ! というのがその特徴だそうです。

また「わにラーメン」は、フカヒレが入ったラーメンだそうです。 次回のお楽しみです。

 

 

 

«湯梨浜町・梨の花

« 2013年4月 »

 
1
015
2
017
3
060
4
067
5
089
6
111_2
7
134
8
025
9
043
10
048
11
070
12
088
13
101
14
002
15
034
16
061
17
075
18
091
19
003
20
023
21
035
22
051
23
068
24
002
25
033
26
001
27
009
28
029
29
051
30
080