2018年10月23日 (火)

高山航空神社

Img_0001

 
前回からご案内している「高山航空公園」の一番奥には、高松空港を利用する航空機と乗客の安全を祈願する「高山航空神社」が建立され、祀られています。
 
 
 
 
Img_0002
 
その神社へ向かうと、参道左手には沢山の遊具が並ぶ「子供遊園地」が整備されていました。 
 
 
 
 
Img_0004
 
標高280mの高山・山頂部に「高山航空神社」と、「陸軍少年飛行兵顕彰碑」とが並んで鎮座していました。
 
高松空港と、上空を通過する航空旅客の「空の安全」を願うため、公園整備に合わせ1990年12月に竣工した、新しい神社です。
 
 
 
 
Img_0005
 
Img_0006
 
こんな辺鄙な場所にある新しい神社ですが、歴代運輸大臣、国土交通大臣が頻繁に参拝に訪れ、それを示す石碑が何本も立っていることに、少し驚かされます。
 
 
 
 
Img_0007
 
一方、こちらが公園整備に合わせて整備された「陸軍少年飛行兵顕彰碑」です。
 
終戦直後に建てられていたものを、公園整備に合わせて、再度新しく建立されたもので、周辺には記念植樹もされていました。
 
 
 
 
Img_0008
 
高松空港の滑走路の延長上に、こんな神社が設けられ、空の安全を祈願していたなんて、、、、 知りませんでした。
 
 
 
 
 
 

«高山航空公園

« 2018年10月

 
1
Img_0016
2
3
1
4
5
2
6
7
Img_0070
8
9
2
10
11
Photo
12
13
1
14
15
Img_0020
16
17
2_2
18
19
Img_0002
20
21
Img_0008
22
23
Img_0001
24
25
26
27
28
29
30
31