2020年7月 5日 (日)

雲居御所

Img_0006_20200628140501

保元の乱で敗れ、讃岐の国へ配流が決まった崇徳上皇が松山の津に到着された時には、まだ上皇をお迎えする「御所」はできていませんでした。 そのため讃岐国府の目代(長官)であった綾高遠(アヤノタカトウ)は止む無く自分の邸宅に上皇をお迎えしました。

ただ、崇徳上皇の仮御所として自邸では不敬である…と考えた高遠は、すぐ近くにあった長命寺の御堂を改修し仮の御所としてお移りいただいたようです。

その「長命寺」は450m四方の境内地を持ち仏閣が並ぶ寺院であったとされますが、長曾我部来襲の際の兵火で「雲居御所」共々焼失してしまいました。

天保6年(1835年)、その場所に「雲居御所跡」の石碑が高松藩主・松平頼恕(ヨリヒロ)公によって建立されました。

      

         

Img_0007_20200628142301

Img_0008_20200628142901

上皇は、この長命寺境内に造営された御所に、近くの武士を集めて射芸を楽しまれたり、歌を詠まれたりして過ごされ「ここもまた あらぬ雲居となりにけり 空ゆく月の影にまかせて」と詠まれたことから、この歌に因んで「雲居御所」と呼ばれるようになった…と云われています。

       

     

Img_0009jpg

Img_0010jrg

当時三十八歳であった崇徳上皇は、都のことを懐かしく思い出されながら、この仮の御所で三年を過ごされ、保元3年(1158年)ごろに府中・鼓岡の「木ノ丸殿」に移られました。

※ 鼓岡の「木ノ丸殿」があった場所に「鼓岡神社」が創建されたことは以前(6月9日、11日)ご案内しました。

上皇は、愛でた「うずら」を野に放たれたことから、この地を「うずらの里」、または「雲井の里」とも呼ばれています。

現地は県道16号線から脇道に入った田の中にあり、訪れる人影もなく、静かに石碑が立っているだけでした。

         

        

«松山の津

« 2020年7月

 
 
 
1
Img_0066_20200624083901
2
3
Img_0002_20200625084001
4
5
Img_0006_20200628140501
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31