2018年2月22日 (木)

牛窓オリーブ園

Img_0008

今では「瀬戸内市」という行政区分になった「牛窓」の静かな港です。
 
冬でも温暖な気候に恵まれた牛窓は「日本のエーゲ海」と呼ばれ、バブルの頃には、関西方面からリゾート・マンションや別荘を買い求める人が殺到した時期がありました。
 
 
 
 
Img_0009
 
Img_0010
 
今ではそんなブームは嘘のように、静かな港町が広がっています。
 
その日の港から眺める「日本のエーゲ海」」も、波は静かでした。
 
 
 
 
Img_0011
 
せっかく、こんな遠くまで来たのだから…と、私達は丘の上に広がる「牛窓オリーブ園」を目指して車を走らせました。
 
「牛窓オリーブ園」を訪ねるのは、、、3年振り? かなあ。
 
 
 
 
Img_0013  
 
Img_0012  
 
牛窓の港から車で15分程、なだらかな丘陵地帯を走り、私達は「牛窓オリーブ園」に到着しました。
 
※  牛窓オリーブ園 HP  http://nippon-olive.info/
 
 
 
 
Img_0014
 
Img_0015
 
緑優しいオリーブの葉陰の向こうには、静かな牛窓の海が広がって見えます。
 
駐車場に車を停めてから、もう一息。  
 
緩やかな坂道を登ってゆくと 「牛窓オリーブショップ」が見えてきました。
 
 
 
 
Img_0023
 
牛窓オリーブショップの階段壁に描かれた、心楽しくなるイラストです。
 
 
 
 
Img_0016
 
息を弾ませながら階段を上ったご褒美は、屋上展望台からの、この絶景!
 
牛窓の海がパーッと広がり、思いの外、左右に大きく小豆島が見えました。
 
風も無く、先週までの寒波を忘れてしまいそうな、気温13度の牛窓でした。
 
 
 
 
 
 

«瀬戸内市のマンホール・カード

« 2018年2月

       
1
2
Photo_4
3
4
Img_0069
5
6
Img_0002
7
8
Img_0019
9
10
Img_0060
11
12
Img_0072
13
14
Img_0088
15
16
Img_0001
17
18
Img_0002
19
20
Photo_4
21
22
Img_0008
23
24
25
26
27
28